初心者でもバンパー修理ができます

通勤や通学、あるいは日常の買い物などだけでなく、レジャーや旅行でも活躍する車は、現代人の生活に欠かすことのできないものです。マイカーを所有している人も、全国に非常に多くいますが、長年車を使っていると、いくら気をつけていてもいつの間にかボディやバンパーに傷やへこみができてしまうものです。ほんの少しの小さな傷であっても、見た目は決してよくありませんし、かといって板金修理に出すと、修理費用も高くついてしまいます。バンパー修理の必要があるものの、費用をそれほどかけたくないというのであれば、自力でバンパー修理をしてみるというのも一つの方法です。プロ並みの仕上がりにしようとすると、初心者には中々難しいものですが、一見して傷が目立たないようにするくらいであれば、全くの初心者であってもそう難しいものではありません。

自力のバンパー修理に必要なものとは

バンパー修理を自分で行うとなると、まずは修理に使う材料や道具を揃えなければなりません。道具や材料といっても、プロが使用するような専門のものでなくても、十分に使うことができます。ホームセンターやカー用品ショップなどでは、バンパー修理に必要な様々なグッズを取り揃えており、必要に応じて手軽に手に入れることができます。道具を揃える際には、まずどの程度の傷やへこみを補修するのかをよく見極める必要があります。比較的浅い傷やへこみを直すのに、大げさな道具などを揃えてもお金の無駄になりますし、逆に深い傷を直すのに、十分な材料がなくてはきれいな補修はできません。各道具の説明書などをよく読むと、どの程度の損傷に適した商品なのかを調べることができますので、まずはどの商品を使うかをよく吟味する必要があります。

バンパー修理に必要な手順と方法とは

バンパーの傷やへこみを直す際、いきなり塗料を塗ったり、パテを盛り付けても、きれいな仕上がりにはなりません。まず傷によってできた凹凸などをサンドペーパーで削り、平滑な面にしておくことが大切です。また、バンパーなど、車のボディには埃や油分などが付着しているので、洗浄剤などできれいにしておく必要があります。この作業をおろそかにしてしまうと、パテや塗料の密着が悪くなり、補修した箇所が剥落してしまうこともあります。小さな傷やへこみなら、タッチアップペンなどで塗料を塗るだけでも目立たなくすることができますが、よりきれいに塗装するのであれば、スプレータイプの塗料を使うのがおすすめです。その際には、他の箇所に塗料が付かないようにマスキングテープや古新聞で養生しておくことも忘れてはいけません。

一目瞭然の料金体系!車体の色の違いによる割増料金は一切ありません。 初めてのお客様におすすめの主力商品・サービスは、バンパーすりきずならいつもは3,000円のところ、今なら大特価999円です。 営業時間中に限り、10分以内にお見積もりメールが届かなかったら修理代金から割引。 バンパーのスリキズ修理は1ヶ所3000円均一で承ります。 バンパー修理は池内自動車におまかせください!